Chinese PM Wen Jiabao trapped in vocal onslaught

from the Australian

Chinese PM Wen Jiabao trapped in vocal onslaught

中国の温家宝首相は声の猛攻撃において窮地に陥る

WHAT do Sea Shepherd Conservation Society’s prisoner-of-conscience Peter Bethune and China’s Mr Conviviality, Premier Wen Jiabao, have in common?

シーシェパード保護協会の政治犯ピーターベシューンと中国の友好的な温家宝首相には何の共通点がありますか?

In Tokyo, hordes of horrendously amplified nationalist ranters and probably a headache at the end of each day.

Yesterday, Mr Wen and New Zealand’s most infamous son (in Japan) were barely 1500m apart and for those in between it was an excruciating aural experience.

Mr Bethune is on trial at the District Court in Kasumigaseki.

東京で、おそろしく拡大された国家主義者達群れが怒鳴り、おそらく毎日の終わりに頭痛。

昨日、温氏とニュージーランドの最も悪名高い息子(日本で)は、かろうじて1500m間隔を隔てて奴らのために耳に耐えがたい経験をしました。

ベシューン氏は、霞ヶ関で地方裁判所で公判中です。

The anti-whaling activist booked his date with Japanese justice by rashly leaping aboard Shonan Maru in the Southern Ocean in February, the patrol vessel having earlier run down and destroyed his $3 million speedboat.

Upholders of traditional values – such as citizens group the Society for the Restoration of Sovereignty – don’t often get the opportunity to give the likes of Mr Bethune an earful and they are raucously making the most of it.

反捕鯨活動家は2月に南氷洋でパトロール船が以前に減速したことで彼の300万ドルの高速ボートを破壊しました。そして軽率に湘南丸に乗り移ることで日本の裁判官との対面を予約したようなものです。

伝統的な価値の支持者ー例えば日本の真の独立王政復古を計る市民団体ーしばしば、ベシューン氏の好みに小言を与える機会を得ないでください。そして、彼らはそうです
騒がしくそれを最大限に活用します。

Yesterday, one devotee procured a much sought-after public ticket for the hearing, but was bundled outside after bellowing at the accused: “You fascist.”

Outside the District Court, two brave and burly Bethune supporters, Gary Thomason and son Robert, brought a megaphone to even the score a little.

They didn’t last long either, fallen upon by the ranters and then hustled apart by the coppers.

昨日、1人のファンは、審理の非常に求められている一般のチケットを手に入れました。しかし被告人に怒鳴って外へ連れ出されました。「あなたはファシストです。」

地方裁判所の外で、2人の勇敢でたくましいベシューンサポーター(ゲイリートマソンと息子ロバート)は、少し得点にさえメガホンを持ってきました。

彼らも長くもちませんでした。そして、怒鳴る人によって襲いかかられて、それから巡査達によって離されてせきたてられました。

These same police nonchalantly turn their backs when the nationalists sound-trucks idle around the city at weekends blasting out venomous nonsense at jet-take-off volumes.

Mr Wen was spared proximity to the ranters when visiting the Otemachi headquarters of Nippon Keidanren, the Japan Business Federation, at lunchtime but there was no way of avoiding their racket.

国家主義者宣伝カーがジェット-離陸量で悪意に満ちたナンセンスを吹き飛ばしている週末に都市のまわりでアイドリングするとき、これらの同じ警察は無関心に彼らの背中を回します。

昼食時で日本経団連(日本経済団体連合会)の大手町本部を訪問するとき、温氏は怒鳴る人の近くを免れました、しかし、彼らの騒音を避ける方法がありませんでした。

Mr Wen had earlier indulged in mild jogging and indiscriminate glad-handling of regulars at Yoyogi Park and played some baseball with students at Sophia University. Really, China’s No 2 leader must wonder, “what must you do to win these people – or at least shut them up?”

“Un Kaho, go home,” bellowed the sound-trucks, squatting as close as the police would allow them to Keidanren, which unfortunately was below The Australian bureau’s rattling window panes.

温氏は、以前に好きなだけ軽いジョギングと代々木公園の常連の無差別の喜ばしい取扱いをして、上智大学の学生と、いくらかの野球をしました。

本当に、2人のリーダーがそうしなければならない中国のNoは不思議に思います ― 「あなたは、これらの人々を獲得するために、何をしなければなりません – または少なくとも、彼らを閉じられます?」

「温家宝、帰れ」と、宣伝カーが怒鳴りました。そして、警察が彼らを経団連に許して、終わりとしてしゃがみました。そして、それは残念なことに、オーストラリア省のガタガタいう窓ガラスの下にありました

Un Kaho is the Japanese rendering of the Chinese characters forming Mr Wen.

“Let’s knock out Un Kaho,” screeched megaphones, cunningly automated with pre-recorded messages.

Most of the megaphone wielders looked to be on the dozy side of 60 and perhaps reluctant to expend breath on authentic live chanting.

「温家宝をノックアウトしよう」と、メガホンが金切り声をあげました。そしてそれは予め録音してあるメッセージで抜け目なく自動化されていました。

大部分のメガホン使いこなす人は、60の眠たい側中でおそらく、呼吸を本物の有効な合唱に費やすのを嫌うように見えました。

Among the many things annoying them were Mr Wen’s coming to Japan to steal their advanced technology, Chinese occupation of Tibet and Xinjiang and the treachery of Prime Minister Yukio Hatoyama’s hosting the visit.

Mr Wen calls on Emperor Akihito today, but with the benefit of a ruddy big moat and 20m high stone walls between him and His Imperial Highness’s noisy subjects.

He should appreciate the sudden quiet.

多くのものの間で、彼らを悩ますことは彼らの先進技術を盗む日本へのウエン氏の接近でした。そして、チベットと新疆の中国の占領と鳩山由起夫首相の裏切りが訪問のホストをつとめました。

彼の間の赤い大きい濠と高さ20mの石垣の利益と主の親王殿下の雑音が多い主題で以外、温氏は、今日、明仁天皇を訪ねます。

彼は、突然の静けさを評価しなければなりません。

Advertisements
This entry was posted in Uncategorized and tagged . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s