Jeogeot : Kidd-Hax Estate

 We face with BAN lines and various access restrictions when we go round the mainland. And we must always evade them. It is sometimes accompanied with a feeling of intense vain effort. When I saw it my avatar being removed by various obstacles,I feel it sad. If SL logs in in a basic account and is determined, we can spend it free. And we can just look around at this world.

Then does Linden sponsor this virtual world gratis? No. An owner of the land maintaining space pays the maintenance cost. It is not allowed for us to enter the land of another person in the reality without permission. Only for time when an owner of the land admitted it,we can enter it according to that rule.

How the space where anyone can access on a map is displayed is a future problem. In the case of a real map, the road is displayed precisely. And we don’t need to lose our way. In the case of SL, the function is poor. LL was negative against the setting of the public roads originally. Therefore, it is non-efficiency to move a very large continent on foot. It is accompanied with the waste of time.

メインランドの道無き土地を巡るということはBAN ラインや様々なアクセス制限に突き当たっては回避の連続です。時にそれは猛烈な徒労感を伴うことになります。自分の分身が次々に行く先々で弾かれるのを見ているとさすがに自分が可哀相になる時もあります。SLはベーシックアカウントでログインしてその気になれば無料で過ごすことは可能です。そしてこの世界を見て回ることも可能です。

それではこの仮想世界はLindenが無償で提供しているのでしょうか?そんなことはありませんよね。土地、つまり空間を維持しているのは安くは無い維持費を支払っているその土地のオーナーです。RLでも他人の土地に無断で踏み込むことはまず容認されません。入れるのはオーナーが許可した場合だけに限られ、そこではオーナーの意向に沿った振る舞いが求められます。

そこで必要になってくるのは誰もがアクセスできる空間をどう表示するかということです。RLの地図であれば道路などはきちんと表示されて他人の土地へ迷い込むなんてことはありませんが、SLの場合はその機能が非常に弱いのです。もともとLindenは公道の設置すら消極的だったきらいがあるものですから広大ないくつかのメインランドを巡って歩くなどということは途方も無い時間の無駄も伴うことなのです。

 There is a sightseeing map in the reality world. SL does not have such a thing. The showcase is extremely information carried by the selection standard that does not become clear of Linden. In the world where movement in the TP is basic, the priority of the local information is low. However, in the Old Continents where  public roads were got ready early,it is possible to some extent we move along a public road, and to grasp a characteristic every area.

The open space was cut, and inhabitants moved there in large quantities and became the one of the causes why a mainland decreased in population once. The state of the server of the mainland of the those days is heavy with instability,and there was very unpopular among the inhabitants that a lot of unsightly advertisements made much of a scene. Afterwards advertisement regulation by Linden and the maintenance of the public road were started, but there is not the sign that inhabitants return to still more.

In the mainland, a scene is apt to be disturbed. The expert user notices it. The difference of people making much of a scene and the people who are not so is very big. It is a difference of basic recognition.

There is the person who wants to dress up in SL. On the other hand, there is the person thinking that such a thing is meaningless. There is this world while having difference in big sense of values.

現実世界であれば観光地図のようなものがありますが、SLでは皆無といっても過言ではありません。ショーケースはありますけれどもごく一部のLindenのはっきりしない選考基準によって掲載されている情報に過ぎず、TPでその土地を訪問することが当たり前のこの世界では系統立てた地域のごとの情報というものは無いに等しい状態です。しかし、早くから公道が整備された旧大陸では公道に沿って移動して地域ごとの特徴を把握することがある程度可能です。

一時オープンスペースが値下げされて住民が大量にそちらへ移ってメインランドが過疎化する原因の一つともなりました。その当時のメインランドのサーバーの状態は不安定でむやみに重く、見苦しい広告も多くて景観を重視する住民にはとても不評だったのです。その後Lindenも重い腰を上げて広告規制を行ったり公道を遅まきながら整備し始めましたがまだまだ住民が戻る流れにはなっていないようです。

その一番の理由としてはメインランドは景観が乱れがちであるということがベテランユーザーにはもう分かってしまっているということもあるでしょう。この景観という言葉に関して重視する人としない人の隔たりはとても大きいことだと最近思うようになりました。あたしが景観について話していても反応を示す人と全く示さない人がいることに気がついたんです。そもそもなぜSLを始めたのか、なぜ継続しているかの根本の理由が異なるわけだから違ってきて当然なのです。

できるだけ美しい仮想世界に住みたい、していきたいと考える人がいる一方、そんなものは重要ではない。自分が楽しいと思ったことができる世界が欲しい。この違いは将来もなくなることはありません。すべての点でSLは相反する人がいると考えて差し支えないでしょう。仮想世界で自分が気に入った衣装を着飾りたいという人がいる一方、そんなことは無駄だと考える人もいるものです。

Kidd-Hax Estate

http://slurl.com/secondlife/Anma/23/53/62

“Please have a good time while you are here!  This land is open to all.  If you feel it necessary to rez something, pick it up as you leave.  Thank you.”

I felt the dignity of the owner of this land in this caption.

なかなかオープンな土地をみつけるのが困難なこの大陸南部で土地のキャプションにこのようなのがあると、土地のオーナーの品格まで評価してしまいます。こういうのを見るのも実は喜びなのですね。

 There is the difference in sense of values anywhere. I make much of a scene in my blog. Because I don’t want to play in the world such as sandbox.

ここのブログを何度か見ている方はあたしが景観を重視している方の人間だということはおわかりだと思います。その意味ではとても偏った意見を吐いているかも知れません。しかしこれはもうどうしようもないことで、どこもかしこもサンドボックスのような世界であったならあたしはSLを続けてはいなかったでしょう。

Advertisements
This entry was posted in Jeogeot, Second Life and tagged , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s